×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ムダ毛を自己処理する方法いろいろ

かつて私は、お風呂場で大変な目にあったことがあります。
T字カミソリを手に、意気揚々とお風呂場に入りました。
そう、足のムダ毛処理のためにです。
さあ、いざ決戦です!滑り出しは順調でした、あのときまでは。
次の瞬間私は慌てて、脱衣所で出血を抑えながら絆創膏を探していました。
カミソリで足の一部を切ってしまったのです。
もう随分前の出来事なのに、以来私はお風呂場での脱毛、特にカミソリでの処理は出来なくなりました。

 

ムダ毛の自己処理はごく普通の光景です。
でも私の経験からも、それらの自己処理のいくつかは多少の危険を伴うとわかります。
今一度、本当に安心な脱毛方法を、ご一緒に考えてみませんか?

 

カミソリ

代表的な手軽な家庭脱毛のひとつ、カミソリで剃る事からみていきましょう。
かつて女性がムダ毛を処理するのに、一番身近に使われてきたのが、このカミソリです。
女性用では、顔のうぶ毛剃り、腕足のムダ毛剃り、デリケートゾーン用など部位ごとに分かれた製品があります。
電池式や、充電式などの選択もあることから、好みで選ぶことが可能です。

 

 ただし、カミソリは毛だけでなく、肌も剃っています。
試しに何も塗らずにカミソリで少し剃ってみてください。
白い粉が落ちます、これ肌の角質です。
カミソリはムダ毛だけでなく、肌表面に非常に細かい傷をつけていることになります。
ですので、乳液などを塗ってから剃るのです。
又、手元が滑って切ってしまうこともあります。これは非常に怖いことです。
剃った後の肌の、毛先の断面が鋭角ですので、触ると痛いこともあります。

 

毛抜き

抜くということに特化していると感じるのが、毛抜きでの処理です。
毛抜きは安いですし、変形しなければ長く使用可能です。
毛抜きの先端が毛を挟むように、本体にテンションをかけて使います。
ただ、その加減が意外に難しいのです。
さらにうっかり間違って、毛だけでなく皮膚を挟み悶絶することもあります。
何より、大量に広範囲に生えているムダ毛の一本々を毛抜きで抜くのは
いったい、何日かかるのでしょうか。
恐らく、毛深い人は毛を全部抜くまでは気の遠くなる時間がかかり
あるいは、どこかの時点で妥協することになるかもしれません。
このように毛抜きでの脱毛は、時間、労力をかなり要します。

 

除毛クリーム

クリームを塗り、ヘラで除き洗い流す。
この楽な作業で、腕や足のかなり広範囲を一度に脱毛できるのが除毛クリームの特徴です。
痛みは基本的にはありません。
使用前のパッチテストで、テストし痛みなどの刺激を感じた方は使わないからです。
刃物や、硬い物を肌にあてませんので安全に使えます。
美肌に導く成分や、肌保護成分が加えられており、使用中から安心してまかせておけます。
何よりも、塗って洗う、この行程は体力のない方でも楽に行えます。
お仕事などでお疲れの現代女性にとって、とても嬉しいものですね。
お値段も安いものでは、数百円からあります。
剃った時のように、毛先が鋭利になりませんので肌も手触りよく仕上がりますよ。
くわしくはを参考にしてみてください。

 

おわりに

いかがでしたか。
3つの処理法のうち、肌に一番安心で安全なのは断トツで除毛クリームです。
ムダ毛処理はレジャーとは違い、楽しみに待つというような行為ではありません。
それならば、痛い思いをせず、楽にムダ毛がなくなればこんな嬉しい事はありませんね。
この記事を参考に、除毛クリームでのお手入れが、さらに快適になるようお祈りしております。

 

 

 

 

 

 

 

 

2017/05/26 05:43:26 |

古典的なうぶ毛のお手入れ方法として考えられるのはステンレス毛抜きを使ってやさしく抜くというやり方も良いと思います。意外とたくさんの脱毛経験者が脱毛してるのですが、といってもぴりぴりすることもあるので、皮膚に対するデメリットも心配ですよね。それだけでなく、気になる毛を処理やり方の個人専用脱毛の器も存在し、比べてみるとちょうど気軽といえる購入金額で店頭に陳列されているケースもあります。脱毛すべきと思う毛を根元から引き抜くというスタイルのむだ毛ケアシステムに挑戦するならば、肌表面についての悩みを抱えることになってしまうことになりやすいというわけです。皮膚の下で育つ毛については力まかせに切られてしまうことになった処理中の毛が皮膚の中で長くなる事です。その上、肌の色が変になる、ふくらむ、とんでもない肌状態になってしまう、といった実例があります。ブラジリアンワックス式のうぶ毛対策グッズが最近よく聞かれます。この施術法はIラインやこの周辺を脱毛するワックスうぶ毛対策の1つで、脱毛サロンなどの特化した店舗だけではなくお部屋で体験できるワックス型のアイテムも店頭に陳列されていますし、さらにセルフで脱毛ワックスを試す人々もかなりいるみたいです。家用むだ毛対策美容アイテムひとつを考慮してみてみてみたら、いろいろな商品が市場にでていると思います。輸入品の製品、日本で開発されたもの、いろんなタイプのうぶ毛のお手入れのやり方をピックアップしたグッズや、これほど高機能な家電を部屋で使用することができるということですので、可能な限り満足できるような感じに利用していきたいと思うものです。

2017/04/21 05:39:21 |

昔から有名なむだ毛処理として考えますと毛を引き抜く用具で脱毛というやり方も良いと思います。驚くべき大勢の脱毛希望者が実践しているのに、実際にはちくちくすることがあるので、素肌にかかる影響も怖いだと思います。その上、むだ毛を抜くしかたとしての個人で使うためのむだ毛対策マシンというタイプのもの有り、並べてみるとお手頃といいきれるお金で店頭に陳列されているケースもあります。ムダ毛を摘んで毛根から引き抜くシステムのうぶ毛処理美容アイテムで代表的なものは、ソイエが考えられます。安価に値段で購入ができるので、まず使用したうぶ毛ケアマシンがソイエという機器を買ったといった女性も大勢いるようです。とはいえいっても、抜くパターンの選択肢というわけで肌の中に埋もれた毛が起こりやすくなります。気になる毛に対応するケアとなればどのような部分に注目して想像できると思いますか。脚そして手あるいは顔や脇の下といったもっといろんな部分があるでしょう。幅がケアしづらかった時や広かった場合や、さらに外的ストレスに弱い肌だったりする人もいます。このため、そういったエリアによく考えられたうぶ毛のお手入れのアイテムを発見しましょう。カミソリとはいえその中で考えてもまたお肌に与える影響のあまりないつくりのものもまた存在していますし、取り除くタイプのクリームタイプの商品は肌へのストレスが軽微なのでワイドサイズで脱毛することがお勧めです。個々にすばらしいポイントとまた不満な部分があるのではないかと思いますので、消費者の肌のコンディションあるいはむだ毛の本来の質感にフィットしたベストの脱毛のやり方を把握しましょう。

2017/04/14 05:36:14 |

自分で実行するむだ毛のお手入れに関しては、クリームタイプの商品とワックス状の商品あるいは電気シェーバーあるいはレザーあるいは毛を抜くアイテム、お部屋専用うぶ毛ケア器等、幅広い方向性が挙げられます。それぞれにテーマとまた別に効果が出るプロセスが発見できるはずですので、メリットをはじめとしてコンセプトを学んで置くのがいいです。むだ毛ケアと除去する脱毛販売品などを使わないで、その無駄毛についてブリーチして自然に目立たなくしようスタイルの実施方法もまたお勧めです。剃りたくはない、でも薄くしようといった志向の脱毛経験者にとってはちょうどよい方法です。それに特化した脱色プロダクトも市販されているのですが、肌膚に対する負担の大きい過剰な薬剤となります。成長したて毛を考えるとき解決策になると肌のどんな肌エリアに注目して想像できると思いますか?フェイスとほかに腕と脚または両ワキなど他にもいろんなエリアがあると思います。幅が処理しやすた場合や狭かった場合や、かぶれやすい肌だったりする人もいます。こうしたことから、各肌エリアに安心できる脱毛タイプの仕方を選びましょう。ひとり対応脱毛の美容グッズひとつを材料にしてみてみてみたら、たくさんの製品が売られていていることがわかります。メイドインジャパンでつくられたもの、海外の工場で作られたもの、多種類のむだ毛対策アイテムを基本にして作った商品。これだけ技術の高い家電を家で使用することができるということなのですので、可能な限り納得できるように使ってみたいものです。

2017/01/14 13:36:14 |

女性の多くは脇のムダ毛処理は自宅で行っていると思います。
しかし脇は人間の身体の中で最もデリケートな部分でもあるのです。
なのでムダ毛処理の後、脇のブツブツや黒ずみなどの肌トラブルを経験した人も少なくは無いでしょう。
ではそのようなトラブルを軽減するためにはどのような処理方法がいいのかをご説明します。